法人向け原料

アルミホイル

内容を吟味

光学機器や理化学機器の取り扱い店や、購入代理によってE-CM500Sを手に入れるのであれば、使用用途も各種カメラに搭載するイメージセンサーの色補正という内容でしょう。光学機器や理化学機器のジャンルではありますが、E-CM500Sは工業のみならず、研究や実験等に明け暮れる医療など、幅広い分野で使用ができます。ブルーガラスフィルターですから、青から緑にかけて高い透過率が特徴的です。E-CM500Sは、赤部から近赤外部にかけて吸収し、光源による褐色でなく、「撮像感度」「露出計感度」という補正用であることに気をつけましょう。法人向けで提供されていますが、ビジネスフォンから監視カメラ、車載カメラに搭載するなどのイメージセンサーの色補正に貢献させたい、そうした希望も通るでしょう。ちなみに、特定波長のエネルギーを吸収せずに光の強弱をコントロールできるため、カラー撮影時の露光量調節に適していることが謳われていたとしても、そうしたデータは提供する業者の実測値です。実際、使用条件により得られるデータは異なる場合がありますから、参考資料程度に留めておきましょう。また、E-CM500Sは特注サイズ・各種フィルター枠入れ加工などの製作を可能とするか不可とするか、事前に問い合わせておきましょう。レンズに装着できるフィルターホルダーも必要になるでしょうが、別途アダプターが必要になるかもしれません。価格も気になるものですから、見積もりも取りましょう。通常価格は、サイズ50×50mmであれば、20000円ほどですが、生産終了や在庫限りとなるのならば、価格も一概にはいえません。その場合、類似品がラインナップされていないか、問い合わせてみましょう。